GLAY

DEMOCRACY賛同者人口比率NO.1の都道府県は

GLAY DEMOCRACY 25th
北 海 道

7/31(水)GLAYの日フリーライブ開催決定
詳細は後日発表!!

GLAYが“GLAYの日”に“民主的フリーライブ”を故郷北海道で行う事が決定。

現在「GLAY DEMOCRACY」をテーマにデビュー25周年イヤーを活動しているGLAYが、7月31日に故郷北海道でフリーライブ「GLAY DAY JAPAN PREMIERE LIVE Powered by HOTEL GLAY」を開催する事を発表した。GLAYの25周年特設サイトに設置された謎の3つのカウントダウンの1つ目がゼロとなり、上記の開催場所が発表される運びとなった。
現在GLAYは周年テーマである「DEMOCRACY(民主主義)」に基づき、周年中に行う7つの公約を打ち出している。さらにファンにも「あなたの公約」を募集しており、今回のフリーライブはそのファンからの“公約”に「GLAYのフリーライブをまた開催してほしい!」との声が多数あったことから実施される事になった。
今年の5月25日、デビュー日に行った会見で、フリーライブの開催自体は7月31日に行うことが発表されていたが、開催場所は“公約”を投稿してくれた“賛同者”が、そのエリアの人口比率で一番多い場所で行うとされていた。そして本日、この極めて「民主的」な方法でフリーライブ開催地が「北海道」に決定したことが、オフィシャルサイトにて発表されたのである。詳細な場所については続報をお待ち頂きたい。
そして今年の7月31日は、20万人を集めた伝説のライブ「GLAY EXPO '99 SURVIVAL LIVE IN MAKUHARI」からちょうど20年。
GLAYにとっても、ファンにとっても、記念すべき1日になることは間違い無いであろう。

イベント会場のご案内とご注意
■ご来場を予定される皆様は必ずお読みください。
イベント会場へのご入場は先着順となります。ご入場時に前のお客様を追い越す、走るなどの危険な行為はお止めください。また、スペースの都合により、定員を超えますと、ご入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

イベント会場、入場待機場所は屋外となります。天候によっては大変暑く日射しが強かったり、急な雨などの天候の変化も予想されます。日射病や熱中症、雨による急激な気温の低下などで気分が悪くなると、せっかくお越しいただいたのにイベントを楽しむことができなくなってしまいますので、ご自身の体調管理にご留意いただき、ご参加くださいますようお願いいたします。会場内は飲み物の持ち込みが可能です。必ずこまめに水分補給を行ってください。

ご来場の際は帽子などの日除け対策をし、できるだけ軽装でお越しください。また、ヒールの高い靴は避け、スニーカーなどの動きやすい靴でお越しください。

イベントはスタンディングでご観覧いただきます。将棋倒しや、横揺れによる転倒防止のため、ご観覧時は周囲のお客様を押す、柵を越える・潜るなどの行為は危険ですので絶対にお止めください。

客席内では、ステージに近い前方を容易に選ぶのではなく、ご自身がどのように楽しむかや、当日の体調を考えた上で参加する場所を決めてください。特に客席内の前方は人が集中しますので、体がぶつかる、足を踏まれるなど窮屈になることが予想されます。後方は比較的窮屈にならずにご参加いただけます。体調に不安を感じる方は、客席内後方にて無理をせずにお楽しみください。

途中で具合が悪くなった場合は、我慢せず後方に下がり、お近くの係員までお申し出ください。もしお近くにそのようなお客様がいた場合は、お手伝いをお願いいたします。

客席内での雨傘・日傘のご使用は、周りのお客様の迷惑になるばかりでなく、危険も伴いますので禁止させていただきます。雨天時には、レインコートなどをご着用くださいますようお願いいたします。

客席内では、敷物を敷いたり、荷物を置いての場所取りは禁止いたします。

会場内、または会場周辺にクローク及びコインロッカーなどの施設はございません。お手荷物は少なくまとめてご来場ください。会場内での置き引き、スリ防止のため、貴重品は必ず身に付け、管理には充分お気を付けください。

会場内にはトイレはございません。近隣施設をご利用ください。

会場内は全面禁煙となっております。ご協力をお願いいたします。

本イベントは公共のスペースを特別にお借りして開催いたします。各自で出されたゴミは必ずお持ち帰りくださいますよう、ご協力をお願いいたします。

カメラ・ビデオカメラなどの撮影機器、ICレコーダーなどの録音機器の使用は禁止いたします。また、携帯電話での撮影・録音も禁止いたします。なお、会場内で発見した場合は、即時退場していただきます。

会場内には、取材や映像収録などのカメラが多数設置されております。客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがございますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

車椅子でのご来場は、会場のスペースの都合上、客席後方でのご案内となる可能性がございます。予めご了承いただきますようお願いいたします。

ゲリラ豪雨、落雷などによる急な天候の変化、地震などの急な事態により、やむをえず開演時間を変更、もしくはイベントの一時中断または中止となる場合がございます。予めご了承ください。本イベントのインフォメーションは、GLAYオフィシャルウェブサイト(http://www.glay.co.jp)、GLAYオフィシャルモバイルサイト(http://glaymobile.jp)、イベンターサイト、各オフィシャルSNS、会場内アナウンスで行います。

他のお客様に迷惑をかけたり、係員の指示に従っていただけない場合は、ご退場いただくことがございます。

今回のイベントがGLAYメンバー、またご来場の皆様にとっても素晴らしいイベントになりますよう、皆様のご参加、ご協力をお願いいたします。


■グッズ・CD&DVD販売について
イベント会場内にてグッズ販売、CD・DVD&Blu-ray販売を行います。
※販売時間は予告なく変更となる場合がございます。
バンドって、民主主義だと思う。
4人の人間が集まって、
語りあい、衝突したり、一体になったり。
いつも、複数の人間の魂がベクトルとなる。
4人だけではない。
1999年、幕張に集まった20万人が、
その刹那のGLAYを構成していた。
2018年、函館に集まった一人一人も、GLAYだった。
ステージに立っていたのはいつも4人だけれど、
GLAYは4人では完成しない。
ファンとともにGLAYを築き、
25年という歳月をともに越えてきた。

そして今年、ぼくらがともに生きてきた
平成は終わりをつげた。
日本の歴史を振り返ると意外にも
民主主義という概念は新しいものだったりする。
平成という名の民主的な時代に感謝をするとともに、
令和という時代への責任も感じたりする。
そして思うのは、次の時代もまた、
4人だけでは越えられないはずだということ。

バンドとは、民主主義である。
GLAYとは、民主主義である。
だからこそファンとともにつくる25周年を。
みんなの想いと繋がる25周年を。
それが大きな力となり未来を生み出すと、
強く思っている。

GLAY DEMOCRACY 7つの公約

公約1:
全国ホールツアー
公約2:
令和初57thシングル
公約3:
メットライフドーム公演(旧:西武ドーム)
公約4:
令和初15thオリジナルアルバム
公約5:
全国アリーナツアー
公約6:
25周年 ベスト・アルバムリリース決定!「REVIEW II」
公約7:
25周年総括の海外ロングツアー&ドームツアー開催予定
25周年の詳細はこちら

あなた自身の公約を投稿して
GLAY DEMOCRACY25thに参加しよう

どんな公約でもいい。
大きなことでも。小さなことでも。
GLAYの25周年と共に
叶えたいことは何ですか?
その公約は、
GLAYの公約にもなるかもしれません。

GLAY DEMOCRACY MAP

現在のDEMOCRACY賛同状況

hokkaido aomori iwate akita miyagi yamagata fukushima tokyo kanagawa chiba saitama ibaraki tochigi gunma niigata toyama ishikawa fukui nagano yamanashi shizuoka gifu aichi osaka kyoto hyogo shiga mie nara wakayama hiroshima okayama yamaguchi tottori shimane kagawa tokushima ehime kochi fukuoka saga nagasaki kumamoto kagoshima miyazaki oita okinawa overseas_america overseas_south_america overseas_europe overseas_asia overseas_africa overseas_oceania

賛同人数に応じてGLAYアイコンが大きくなります